サイトトップ
目や耳のご不自由な方へ
お問い合わせ | サイトマップ

お知らせ

H28.11/25
平成28年度メイクボランティア養成講座の受講者を募集いたします。
H28.11/25
福祉だより第62号を掲載しました。
H28.11/17
「筆談ボランティア活動交流集会」「〜集まれ!難聴者 ・中途失聴者〜新春筆談交流会」の参加者を募集いたします。
H28.11/04
平成28年度奥州市ふくし川柳入賞作品集平成28年度奥州市福祉作文入賞作品集を掲載しました。
H28.11/01
平成29年度「みんなの募金で福祉事業(二次募集)」を募集しています。⇒要項申請書申請書記入例
H28.06/02
第2次奥州市地域福祉活動計画(案)に係るパブリック・コメントの実施結果についてを掲載しました。
H28.05/18
平成28年度奥州市民の福祉ニーズ調査のリンクを更新しました。

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第10報:11/22現在)

【岩泉町災害ボランティア一時受入れ休止のお知らせ】

岩泉町災害ボランティアセンターでは、11月27日をもってボランティアの受付を一時休止することになりました。
今後は、岩泉町災害ボランティアセンターとして、被災された方の生活支援などを中心に活動を継続するとしています。
詳細は、岩手県社協ホームページhttp://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2016112100031/をご参照ください。

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第9報:11/17現在)

【ボランティアバスの運行について】

次の日程で運行します。希望者は奥州市社会福祉協議会までご連絡ください。

*活動期日:

平成28年11月27日(日)

*先着20名:

高校生以上個人 定員に達した時点で受付終了となります。

*活動場所:

岩泉町小川地区

*活動内容:

主に被災農地等(水田・畑)からのガレキ撤去など、活動日のニーズによる作業になります。
※現地ニーズ、天候によって変わる場合があります。

*当日集合時間・場所:

6時50分 奥州市総合福祉センター

*日程:

7時00分 奥州市総合福祉センター出発(途中休憩・矢巾PA、岩洞湖LH)
9時30分 道の駅「三田貝分校」にて活動準備・着替え
9時40分 岩泉町災害ボランティアセンター旧小川サテライト到着
受付・作業開始(途中、昼食休憩は1時間)
14時50分 作業終了後、現地にて岩泉ボランティアセンター職員に活動報告
15時00分 岩泉町災害ボランティアセンター旧小川サテライト出発
(途中休憩・三田貝分校、岩洞湖LH、矢巾PA)
18時00分 奥州市総合福祉センター到着、解散

*服装:

長袖・長ズボンで肌の露出が無い服装(作業前・作業後は軽装で構いません。)、長靴(鉄板入り)または安全靴、帽子など頭を防護できるもの、ゴム手袋・軍手、マスク、ゴーグル、ウインドブレーカー・雨合羽、スコップ(所有されている方)等

*持ち物等:

昼食、水分、健康保険証、ボランティア活動保険カード

*その他:

ボランティア活動保険(天災タイプ又は基本タイプでも可)の加入を前日までに、奥州市社会福祉協議会本所、各支所窓口で保険加入手続き後、ボランティアバスの受付となります。

*申込み・問合せ先:

奥州市社会福祉協議会 TEL:0197-25-7171

【岩手県台風10号大雨等災害義援金の受付延長について】

募金受付が、平成29年3月31日まで延長となりました。引き続きご協力をお願いします。

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第8報:10/28現在)

【県内の災害VC(ボランティアセンター)の状況について】

豪雨災害から2ヶ月が経過し、県内の災害ボランティアセンターの設置状況は次のとおりとなりました。

<宮古市災害ボランティアセンター>

災害ボランティアセンターは活動の終息により、10月10日(月)をもちまして閉鎖しました。なお、ボランティアニーズの受入れ、対応については引き続き宮古市社会福祉協議会ボランティアセンター対応を行います。

<久慈市災害ボランティアセンター>

ニーズのあった約400件の活動が終了したことから、10月31日(月)をもって災害ボランティアセンターを閉鎖することになりました。以降のニーズがあった場合は、久慈市社会福祉協議会ボランティアセンターで対応する予定です。

<岩泉町災害ボランティアセンター>

10月31日(月)をもちまして「小川・小本両サテライト」を「岩泉町災害ボランティアセンタ―本部」に統合することとなりました。11月1日(火)からは、岩泉町災害ボランティアセンタ―本部において、「小川・小本両地区」も含め継続して災害ボランティア活動の調整を行います。
*岩泉町災害ボランティアセンタ―本部
住所:下閉伊郡岩泉町字森の越4番地14
連 絡 先:090−2270−0242/090−2270−0243
開設時間:8時30分〜17時00分
活動時間:9時00分〜15時00分

【台風10号による被災者支援金の受付について】

※寄付の申し込み・問い合わせは直接、岩手県社会福祉協議会まで連絡をお願いします
岩手県社会福祉協議会では岩手県と連携して、台風10号による大雨により被災し、岩手県内の応急仮設住宅に今後入居される被災者の方に対し家電製品を提供するための支援金を募集しています。お寄せいただいた支援金は、市町村からの要望に基づき選定した家電製品(冷蔵庫、洗濯機、テレビ、コタツ、炊飯器、電気ポットの6種類を予定)の財源とさせていただきます。

*受付期間:※平成28年12月31日(土)まで延長となりました。

平成28年10月18日(火)から11月30日(水)

*支援金受入口座

ゆうちょ銀行
口座番号 02370−0−3939(239店・当座預金)
シャカイフクシホウジン イワテケンシャカイフクシキョウギカイ カイチョウ ナガヤマヒロシ
口座名義 社会福祉法人 岩手県社会福祉協議会 会長 長山洋
(振込手数料は有料)

*連絡先

〒020-0831 岩手県盛岡市三本柳8-1-3
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 総務部
電話019-637-4466 / Fax019-637-4255
(住所、氏名、送金額等をお申し出願います。)
*詳細については岩手県社協ホームページを参照願います。
http://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2016102600022/

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第7報:10/7現在)

【県内の災害VC(ボランティアセンター)の状況について】

豪雨災害から1ヶ月が経過し、これまでの活動状況と10月12日以降の広域支援体制について協議するため、10月5日に被災地3社協、奥州市を含む広域社協幹事10社協、その他県内支援社協、東北ブロック社協(青森県・秋田県)、災害支援プロジェクト、県社協が集まり「平成28年台風10号災害対策第2回連絡会議」を開催しました。

<宮古市災害ボランティアセンター>

9月末までに新里・川井の2か所のサテライトが終了となりました。市内の残ニーズが11件となり、10月中旬をめどに終結の見込みであることから、10月12日からは岩泉支援へ体制を変更することにしました。これに伴い、これまで宮古支援に入っていた宮古・釜石・気仙の3広域社協も岩泉支援にあたることとしました。 なお、既に宮古市社協では10月から平日限定で岩泉町小本へボランティアバスを運行し岩泉町支援に携わっています。なお、宮古市内での活動は、11日までを平常活動とし、以降は土・日、祝日に限定して開設する方針です。

<久慈市災害ボランティアセンター>

まだ新規ニーズがあることから、10月末まで久慈・二戸広域社協が支援することとしました。

<岩泉町災害ボランティアセンター>

小川・小本の2か所のサテライトが稼働中で、まだまだボランティアニーズが多く終息が見通せない状況であることから、引き続き、10月末まで久慈・二戸広域を除いた全県体制で支援を継続することとしました。これまで宮古市の災害ボランティアセンターを支援していた県央広域社協及び沿岸の3広域社協も岩泉支援に入ります。
岩泉町のニーズは9月末時点で残ニーズが200件超、ニーズ完了率は58.8%です。孤立集落は解消されていますが、生活道路の復旧が遅れ、ニーズ調査に入れない地域まだある状況のため、これからも新規ニーズが増える可能性があります。岩泉町災害ボランティアセンターがこれまでと同様のボランティア数で活動すると仮定すると、全ニーズ完了までに約5,000人のボランティアが必要だと試算しています。

【奥州市社会福祉協議会の対応について】

本会では「平成28年台風10号災害対策第2回連絡会議」を受け、10月末まで岩泉町災害VC小川サテライトへ職員を継続的に派遣します。また、これまでと同様に市民ボランティアを募り、ボランティアバスを運行します。

<ボランティアバスの運行について>

次の日程で運行します。希望者は奥州市社会福祉協議会までご連絡ください。
福祉協議会までお申込み下さい。

*活動期日

平成28年10月26日(水)

*先着20名

高校生以上個人 定員に達した時点で受付終了(10月7日正午現在の参加申込者6名)

*活動場所

岩泉町小川地区

*当日集合時間・場所

6時50分 奥州市総合福祉センター

*ご留意いただきたいこと

災害ボランティアは、自己責任・自己完結での活動です。相手の立場に立ち、自分たちは常に見られていると自覚し行動しましょう。作業がこなせても体力や技術があっても自分勝手な人は望まれません。「また来てください。」と言われるボランティアさんを目指して活動に参加しましょう。
・あいさつや言葉遣いなど被災者とのコミュニケーションに留意いただき、被災者の立場に立った活動をお願いします。
・被災地での写真や動画の撮影はご遠慮ください。
・活動中はチームリーダーの指示に従って、チームワークを大切に活動してください。
・笑顔での活動を心がけてください。

*問合せ先

奥州市社会福祉協議会 TEL:0197-25-7171

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第6報:10/4現在)

【台風18号の接近に伴うボランティアバスの運行中止について】

本会で10月6日(木)に運行を予定していたボランティアバスは、大型で非常に強い台風18号が岩手県に接近するとの予報を受けて、参加者の安全を考慮した結果、止むを得なく中止とさせていただきますのでお知らせします。予定されていた皆さまにご迷惑をお掛けしますこと、また直前のご案内になりましたことを心より深くお詫び申し上げます。何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第5報:9/28現在)

【奥州市社会福祉協議会の対応について】

本会では、8月末に本県を直撃した台風10号による県内被災地の支援のため、9月上旬より1クール4泊5日の日程で、岩泉町へ2名〜4名の職員派遣を行っています。9月26日付で岩手県社会福祉協議会より継続支援の依頼があったことから、10月3日から11日まで引き続き被災地の災害ボランティアセンターの運営支援を行います。

【おうしゅうソーシャルキャンプ2016の開催延期について】

10月8日(土)に開催を予定していた「おうしゅうソーシャルキャンプ2016」は、被災地の支援(職員派遣や市民公募のボランティアバスの運行)を優先させることにし、開催を延期することにいたしました。
参加のご予定をされていた方、開催に向けてご協力いただいた皆様には、多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。事情をご賢察くださり、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
なお、同イベントにつきましては2月の上旬に開催する予定です。日程等が正式に決まりましたら改めてご案内いたしますので、重ねてどうぞよろしくお願いいたします。

【ボランティアバスの運行について】

本会では、次の日程でボランティアバスを運行します。(16日は定員に達しました。)
<これまでの派遣9/18、9/22、9/26><次の派遣10/2>

*活動期日:

平成28年10月5日(水)、10月6日(木)、10月16日(日)、10月26日(水)

*募集人数:

先着定員20名 高校生以上個人 定員に達した時点で受付終了

*活動場所:

岩泉町小川地区

*当日集合時間・場所:

6時50分 奥州市総合福祉センター

*問合せ先:

奥州市社会福祉協議会 TEL 0197-25-7171

【災害救援サポーター奥援隊の派遣について】

<これまでの派遣9/18><次の派遣9/29>
少人数派遣型の市民ボランティア「奥援隊」を次の日程で派遣します。

*活動期日:

平成28年10月12日(水)、19日(水)、23日(日)

*募集人数:

先着定員6名 ※ボランティアセンターへの登録必須

*活動場所:

岩泉町小川地区

*当日集合時間・場所:

6時50分 奥州市総合福祉センター

*問合せ先:

奥州市社会福祉協議会 TEL0197-25-7171

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第4報:9/23現在)

【ボランティアバスの運行について】※定員に達しました

本会では、台風10号の発生により被害を受けた岩泉町の小川(こがわ)地区に次の日程でボランティアバスを運行します。参加希望者は奥州市社会福祉協議会までご連絡願います。

*活動期日:

平成28年9月26日(月)、10月2日(日)

*募集人数:

先着定員20名 高校生以上個人 定員に達した時点で受付終了

*活動場所:

岩泉町小川地区

*集合時間:

6時30分(26日)、6時50分(2日)

*集合場所:

奥州市総合福祉センター(奥州市水沢区南町5-12)

*問合せ先:

奥州市社会福祉協議会 TEL.0197-25-7171

≪台風10号の被害に伴う災害ボランティア情報≫(第3報:9/16現在)

【奥州市社会福祉協議会の取り組みについて】

本会では台風10号で被災市町村社協の後方支援として次の取り組みを行っています。

*岩泉町災害VC(ボランティアセンター)小川(こがわ)サテライトの運営支援

9/7から先遣隊を派遣し現地の情報収集や必要資材の調達を行いました。9/9より職員4名でチームを組み、4泊5日の日程で当面の間災害VC運営のための職員派遣を行っています。

*災害救援サポーター「奥援隊」の派遣

東日本大震災による県内沿岸被災地を中心に活動を行っている登録・少人数派遣型ボランティア「奥援隊」を順次小川サテライトに派遣します。(9/14に第1回の派遣を行いました。)

*ボランティアバスの運行

市民ボランティアを公募し、小川サテライトまでのボランティアバスを運行します。募集については、ホームページや新聞、コミュニティエフエム等で告知します。(9/18、9/22運行のバスは定員となりました。)

【ボランティア活動への参加について】

*現地での活動について

被災地でボランティア活動をお考えの方は現地でのボランティア活動がスムーズに実施できるよう下記の点にご配慮いただきますようお願いします。
  • 事前に活動希望先の情報等を十分にご確認ください。状況により受付時間等が変更になる場合があります。詳細な情報については、岩手県社協ホームページ(http://www.iwate-shakyo.or.jp/)、または宮古市・久慈市・岩泉町の各災害VC及び本会の地域福祉課ボランティア・市民活動センター(TEL:0197-25-7171)までお問い合わせください。
    <災害VCの基本的な流れ>
    ※VCによって受付方法等が異なる場合があります。
    (1) 現地到着
    車両を使用する際は駐車場の有無についても事前に確認をお願いします。
    (2) ボランティア受付
    新規と継続の窓口があります。保険未加入の場合はここでも加入できますが、被災地の負担軽減のためなるべく被災地以外の社会福祉協議会で事前に手続きをお願いします。
    (3) オリエンテーション
    活動を行う際の注意などのオリエンテーションを受けます。
    (4) 活動場所の決定
    VCの職員より行き先が振り分けられます。この時必要に応じてグループ化されます。資材を準備のうえ活動に向かいます。
    (5) 活動
    適宜休憩や昼食を取りながら活動を行います。
    (6) 活動終了
    活動者またはグループのリーダーが活動報告書に活動状況などを記入します。書類をVCに提出し、1日の活動が終了となります。
  • 宿泊場所、移動手段を事前に確保してください。被災地のVCでは水や食事・宿泊場所は用意されません。また、一部の地域では道路の通行止め等も出ています。
  • 現地でボランティア活動を行うためには、「ボランティア活動保険」に加入していることが条件となります。まだ加入していない場合は、事前にお住まいの又はお近くの社会福祉協議会にてボランティア保険加入手続きを済ませてから出発してください。被災地での負担軽減のためにもご理解とご協力をお願いします。なお、本会では平日8:30〜17:15までの間に加入することができます。台風10号で被害のあった地域で復興支援ボランティアを行う場合は、大規模災害特例の対象となり、基本Aプランについては料金がかかりませんので窓口にお申し出ください。
    <本会の窓口で手続きを行う手順>(台風10号に係る基本Aプランの場合)
    1. (1)各支所及び地域福祉課ボランティア・市民活動センター窓口(電話での申込みは不可)で台風10号のボランティアに参加する旨をお申し出ください。手続きに必要な持ち物は特にございません。
    2. (2)必要書類に氏名・住所・電話番号等を記載いただきます。
    3. (3)ボランティア保険加入カードを受け取ります。以上で手続きは終了です。5分〜10分程度の時間がかかりますのでご了承願います。
  • 資材等に限りがあるため可能な範囲で持参をお願いします。また、以下のホームページに活動時の服装や持ち物、心構えなどが記載してありますので、ご参照のうえ準備をしていただきますようお願いいたします。

【岩手県災害VC運行のボランティアバスの案内】

岩手県災害VCでは、宮古市及び岩泉町行きのボランティアバスを運行します。詳細は、岩手県社協ホームページhttp://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2016091400016/を参照願います。
*宮古市行き
・運行日9/17〜9/25
・発着地盛岡駅マリオス1階正面
*岩泉町行き
・運行日9/17〜9/25
・発着地ふれあいランド岩手

【岩手県内の災害VCの設置状況について】

現在の状況は下記のとおりです。なお、岩泉町災害ボランティアセンター本部は、岩泉町役場に開設していましたが、センター機能を充実させるため岩泉町社会福祉協議会へ移転しました。

*宮古市災害VC(http://www.miyako-shakyo.or.jp/

・本部<支援社協:釜石市・大船渡市・陸円高田市・住田町・大槌町・山田町>
場所:宮古市総合福祉センター(宮古市小山田二丁目9-20)
電話:090-4478-3984
・新里サテライト<支援社協:盛岡市・八幡平市・滝沢市・雫石町・紫波町・矢巾町>
場所:新里トレーニングセンター(宮古市刈屋第17地割3)
電話:090-4478-3984
・川井サテライト<支援社協:県社協・盛岡市>
場所:川井生涯学習センター(宮古市川井第2地割187−1)
電話:080-9259-9338

*久慈市災害VC(http://www.kuji-shakyo.jp/

・本部<支援社協:二戸市・洋野町・軽米町・一戸町・野田村・普代村・九戸村>
場所:久慈市総合福祉センター(久慈市旭町7-127-3)
電話:0194-53-3380

*岩泉町災害VC(http://iwaizumi-shakyo.or.jp/?p=612

・本部<支援社協:県社協・花巻市・北上市・西和賀町>
場所:岩泉町社会福祉協議会(岩泉町岩泉森の越4-14)
電話:090-7079-6035・090-2270-0242・090-2270-0243・0194-22-3400
・小本サテライト<支援社協:遠野市・一関市・平泉町>
場所:岩泉町役場小本支所(岩泉町小本字南中野239-1)
電話:0194-28-2111
・小川(こがわ)サテライト<支援社協:県社協・奥州市・金ケ崎町・岩手町・葛巻町>
場所:岩泉町小川支所(岩泉町門字町66-1)
電話:090-2270-0244・090-2270-0245

【義援金について】※平成29年3月31日まで延長となりました。

奥州市共同募金委員会では、台風10号大雨等災害義援金の募集を10/31まで受け付けています。地区事務所(奥州市社協各支所)の窓口にお持ちいただくか、下記金融機関窓口、または現金書留で送金をお願いします。不明な点については共同募金委員会地区事務所まで問い合わせをお願いします。

○振込みの場合

金融機関支店名口座番号名義等
岩手銀行本店(普)224-1853社会福祉法人岩手県共同募金会岩手県台風10号大雨等災害義援金
ゆうちょ銀行00130-2-387497社会福祉法人岩手県共同募金会台風10号大雨災害義援金

○現金書留の場合

〒020‐0831 岩手県盛岡市三本柳8‐1‐3 社会福祉法人岩手県共同募金会
※ 現金書留用封筒に「救助用郵便」と明記してください。郵便料金が免除されます。
社会福祉法人 奥州市社会福祉協議会
〒023-0851 岩手県奥州市水沢区南町5番12号
電話:0197-25-6158 FAX:0197-25-6690
twitter メールマガジン