奥州市社会福祉協議会

目や耳のご不自由な方へ

だれもが心の豊かさと幸せを実感できる「福祉のまち奥州市」を目指して

新たな福祉のまちづくりにあたっては、だれもが「この地域に住み続けたい」願いをかなえるため、市民一人ひとりのふれあい、ささえあい、たすけあい、わかちあい、かたりあいの輪をひろげ、だれもが心の豊かさと幸せを実感できる「福祉のまち奥州市」をつくりあげていくことを奥州市社会福祉協議会の基本理念にいたしました。
「ふれあい、ささえあい、たすけあい、わかちあい、かたりあい」は、「安心して暮らせる地域づくり」を目指すことにあります。「ふれあい」は、偏見を持たず、「ささえあい」は、共助の心で、「たすけあい」は、対価を目的とせず、「わかちあい」は、喜怒哀楽を分け合う地域づくり、「かたりあい」は、福祉の充実を目指そうということであります。
「ふれあい、ささえあい、たすけあい、わかちあい、かたりあい」この基本理念を具現化するため、新たな歩みを始めます。

新着情報

Facebook

>> Facebookページ運用の方針について

メニュー