奥州市社会福祉協議会

目や耳のご不自由な方へ

記念講演「一人ひとりが輝く地域づくり」講師 NHK解説委員 後藤千恵 氏

今年度の大会記念講演では、NHK解説委員の後藤千恵氏にご講演をいただきました。
後藤さんは、NHKの『復興サポーター』という番組のナビゲーターを務めており、番組では東北各地にも足を運ばれています。その中で出会った地域福祉関係者の取組みの紹介や、取材で出会った豊中市社会福祉協議会(大阪府)の取組み等も紹介されました。
後藤さんはとてもおだやかな語り口で、ご自身のご家庭の状況もおりまぜたお話が親しみやすく、講演後半では、会場で隣り合わせた人達同士が語り合う時間を設けるなど、会場内は和気あいあいとした雰囲気でした。

奥州市は私の尊敬する後藤新平さんと大谷翔平くんの出身地なんですね!

日本は高齢者が増えているが、今の高齢者はひと昔前とは違う。今の75歳が歩く速度は10年前の65歳が歩く速度と同じという調査結果があります。つまり・・・10年前より10歳若返っている!ということです。
今、平均寿命より注目されているのが健康寿命。岩手県の健康寿命は2010年の調査では平均69.43歳で全国43位だった。でも、2016年にはなんと71.85歳に伸びて、全国26位になった!
さて、健康長寿に欠かせないものは?ということで、静岡県で10年かけて調査をしたところ①適度な運動②バランスの取れた栄養、そして③社会参加という結果が出ました。この3つを実践していると死亡率が51%下がるそうです。

長寿のためにはキョウヨウ(今日用事がある)とキョウイク(今日行くところがある)が大切。
でも、それが遠いところであったり、費用がかかりすぎたりするのでは負担になる。
「地域」という範囲でできるとよい。つまり、地域共生社会にならなければならない。
誰もが地域で役割を持つということが大切です。
大阪の事例で、ゴミ屋敷を業者ではなく近所の人で片付けると、その家はもうゴミ屋敷にならないということがありました。これはゴミ屋敷の住人が地域との関係ができることで、地域社会の一員という意識が生まれるからではないかと考えられます。
これからは、「福祉のまちづくり」ではなく「福祉でまちづくり」をしていきましょう。

講師プロフィール

大分市出身。1988年NHK入局。現在、NHK放送文化研究所 上級研究員(NHK解説委員 兼任)。2児の母。

メニュー