奥州市社会福祉協議会

目や耳のご不自由な方へ

奥州市社会福祉協議会における新型コロナウイルス感染症の拡大防止対応について

カテゴリ お知らせ

奥州市社会福祉協議会における新型コロナウイルス感染症の拡大防止対応について

1 拡大防止に向けたイベント等の対応方針について

今後の感染拡大防止の観点から、本会が主催するイベント等で市民が参加するものについて、次のいずれかの条件に該当する場合は、原則、中止または延期とします。

  • (1)不特定の者の参加が見込まれるもの
  • (2)感染した場合に、重症化のリスクが高い高齢者等の参加が多く見込まれるもの
  • (3)屋内イベントなどで一定期間、お互いの距離が充分にとれない状況にあるもの

ただし、上記条件のいずれにも該当しない場合、または、いずれかに該当する場合でも開催時期が限定されるなど、やむを得ない理由により開催する場合は、感染機会を減らすため、下記の対策を講じます。

  • 可能な限り、入り口での体調チェック(目視、聞き取り等)を実施し、発熱等の風邪症状を含め体調が悪い人は参加の自粛を促します。
  • 会場入り口等において、アルコールによる手指消毒を徹底します。
  • 会議・イベント等の入退場について、多くの人が滞留しないよう配慮します。
  • 職員を含む参加者にはマスクの着用を促し、咳エチケットを徹底します。
  • 室内での会議・イベント等については、会場のこまめな換気を実施します。
  • ※本対応方針については、令和2年4月30日までに開催するイベント等を対象とし、4月1日以降に開催するイベント等の取扱いは、今後の状況を踏まえてお知らせします。
  • ※関係機関及び団体に対しても、この方針を周知します。
  • ※国や岩手県、奥州市からの指示があった場合は、この限りではないものとします。

2 介護事業所における感染症対策について

(1) ご利用者・ご家族様にお願いすること

  • ①デイサービスなどのご利用日の朝に体温を計測し、37.5℃以上の発熱等の症状が認められる場合は、サービスのご利用の見合せをお願いします。
  • ②「咳」「くしゃみ」があるに拘らず、咳エチケットの観点から、ご利用日はマスクの着用をお願いします。

(2)あすも・グループホームじゅあんの園のご家族様にお願いすること

  • ①ご利用者様との面会については、感染拡大防止の観点から、緊急やむをえない場合を除き、制限させていただきます。
  • ②緊急やむを得ない場合は、体温を計測し、マスクの着用をお願いします。

なお、37.5℃以上の発熱等の症状が認められる場合には、面会をお断りします。

3 胆江地区広域交流センターにおける対応について

胆江地区広域交流センター屋内プールの使用制限について、下記により休止しますので、ご理解、ご協力をお願いします。

(1) 休止期間

令和2年3月6日(金)から当面の期間

  • ※今後の動向により追加措置や変更の可能性があります。

(2) その他

胆江地区広域センターの浴場の使用については、通常通り使用可能です。

4 職員の感染予防の徹底について

石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを励行し、咳などの症状がある場合は、マスク等を着用し、咳エチケットを行います。また、発熱などの風邪の症状がある場合は、上司の指示を仰ぎ受診し、仕事を休むなど対応します。

また、仕事の出張や私的外出についても、新型コロナウイルス発症地域への外出を控えるものとします。

メニュー