RSS2.0 feeds RSS2.0Atom1.0 feeds Atom1.0

岩泉町災害ボランティアセンター始動

【岩泉町小川地区の台風10号の被害状況】
 8月30日18時頃、気象庁が1951年に統計を開始して以来初めて、台風が暴風域を伴ったまま岩手県に上陸し、本県を中心に甚大な被害をもたらしました。
 県内で最も被害が大きい岩泉町では、河川付近の集落のほとんどが家屋半壊や床上浸水などの被害を受け、近隣住民や親戚、多くの高齢者も、家屋の泥だし作業に追われています。
 奥州市社会福祉協議会では、9月9日から岩泉町で現地の災害ボランティアセンターの運営支援にあたっています。幹事社協として担当する拠点は、岩泉町の小川地区1008世帯の地域で、河川周辺の集落のほとんどが床上、床下浸水等の水害を受けています。
 家屋泥出しや家財道具の片付けなど支援の要請は、9月14日現在800件ほどですが、今後住民にチラシで周知することで要請はますます増大し、より多くのボランティアが求められます。
 岩泉町役場小川支所付近に住む一人暮らし高齢者の男性は、「過去に河川の増水があっても50㎝程度、こんな被害は初めてだ。しばらくは実家での生活をしなければ」と話しています。多くの方が、避難所や、実家や親戚宅での生活、浸水した家屋の2階に住むなど厳しい生活を強いられています。

【岩泉町災害ボランティア募集】
 岩泉町社会福祉協議会では、台風10号による大きな被害を受けた岩泉町で活動するボランティアを募集しています。
▼受付時間  午前8時30分から午後5時
▼活動時間  午前9時から午後3時
▼内  容  住宅に入った瓦礫の撤去、泥出し等
▼受付場所
(1)岩泉町災害ボランティアセンター
住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字森の越4-14
   (岩泉町社会福祉協議会)
電話:①090-7079-6035
   ②090-2270-0242
   ③090-2270-0243
   ④0194-22-3400
(2)小川サテライト
住所:岩手県下閉伊郡岩泉町門字町66-1
   (町役場小川支所の入り口隣)
電話:①090-2270-0244
   ②090-2270-0245
(3)小本サテライト
住所:岩手県下閉伊郡岩泉町小本字南中野239-1
   (町役場小本支所の入り口隣)
電話:090-2270-0246

— posted by スタッフ1 at 04:50 pm  

平成29年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集について

公益財団法人関西・大阪21世紀協会では、平成29年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集を行っています。

詳細につきましては、下記リンクをご覧になり、お申込みください。

http://www.osaka21.or.jp/jecfund/fund_contents/bosyu/index_h29.htmlLink

— posted by スタッフ1 at 01:19 pm  

平成28年度ふれあいランド岩手「ボランティア養成講座」の開催について

 障がい者に対する「気づき」を促す車イス体験などのキャップハンディ体験を通して、ボランティア活動の基礎知識を習得するとともに、障がい者等に対する理解を深めることを目的とし、講座を開催します。

1.日程及び内容
 第1回:平成28年5月28日(土)13時30分~15時30分
  ①講話:障がい者理解(主に下肢障がい者)について
  ②実技:障がい者擬似体験(車イス操作及び介助体験)
 第2回:平成28年11月27日(日)13時30分~15時30分
  ①講話:障がい者理解(主に視覚障がい者)について
  ②実技:障がい者疑似体験(白杖歩行及び手引き体験)

2.講師
 第1回:公益財団法人いわてリハビリテーションセンターより派遣
 第2回:社会福祉法人岩手県視覚障害者協会より派遣

3.開催場所
 ふれあいランド岩手 ふれあいホール

4.対象及び定員
 (1)対象:ふれあいランド岩手でのボランティア活動に興味のある方他
 (2)定員:15名程度

5.受講料
 無料

6.持ち物及び定員
 (1)持ち物:筆記用具
 (2)動きやすい服装

7.募集期間
 原則として、開催1か月前より募集を開始し、定員になり次第締切

8.お申込み・お問い合わせ先
 ふれあいランド岩手 管理指導グループ(担当:七木田かおる)
 〒020-0831 盛岡市三本柳8-1-3
 TEL:019-637-7444  FAX:019-637-7544
 E-mail:nanakida@fureailand.jp

— posted by スタッフ1 at 04:18 pm  

わんこダンス披露しました

去る1月31日(日)、ひだまり創設10周年記念事業(社会福祉法人岩手ひだまり会主催)が開催され、児童・障がい児者・施設関係者等約150人が参加し盛大に行われました。
その中のステージ発表おいて、ボランティア約15名がフレアイガーやわんこ兄弟のおもっちと一緒に「わんこダンス」を披露し、会場を盛り上げました。
5


この日までに3回の練習日を設け、当日に臨みました。
当日はその成果を十分に発揮することができました。
1


参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

— posted by スタッフ1 at 10:21 am  

県南初のメイクボランティア団体「美々(びび)」

平成27年10月17日、県南初のメイクボランティア団体「美々(びび)」が発足しました。
美々には、「ちょっとずつでいい。焦らずに目の前のわずかな幸せを感じる」との願いが込められており、地域のサロンなどに赴き、メイク技術を応用して、高齢者等の生きがいを創出する活動を行います。
同日に行われた設立総会では、本年度の事業計画を決めたほか、会長に高橋涼香さん、副会長には斉藤佳代子さん、菅野陽子さんを選出しました。
今後は、高齢者サロンなどでの活動、人材育成と会員の資質向上、広報活動に力を入れ、奥州市総合福祉センターを拠点として月例会や研修を交えながら、会員相互のスキルアップを図ります。

基本的には毎月最終土曜日に活動の予定で、次回は
・2月27日(土)10時~ 奥州市総合福祉センター
・3月12日(土)10時~ 奥州市総合福祉センター
に活動予定です。

会員構成は20~70代と幅広く、様々な職種の方が参加しています。

興味のある方、活動を行ってみたい方は
奥州市社会福祉協議会地域福祉課ボランティア・市民活動センター
電話:0197-25-7171 E-mail.volunteer-c@oshu-shakyo.jp

までお問合せください。


▲設立総会の様子
(前列中央が高橋会長、会長の右が斉藤副会長、左が菅野副会長)

— posted by スタッフ1 at 03:29 pm  

「わんこダンス」練習してます!

1月31日に向けて、みんなで「わんこダンス」を練習しています。

1月14日の練習の様子です。


NONALNUM-MS0x5oyv5LuY44OX44Ot44K444Kn44Kv44K_44O844Gr44O744O7-E


▲映像を見ながら練習しています

NONALNUM-My0x44G_44KT44Gq55yf5Ymj44Gr-E


▲若い方も参加しています!


NONALNUM-Mi0x5a2m55Sf44CB5LuV5LqL5biw44KK44Gu44K144Op44Oq44O844Oe44Oz44CB5Li75amm44Gq44Gp-E



みんな1から覚えるので大丈夫です!
いろんな人との交流もできますので、ぜひご参加ください!
一緒に盛り上げましょう!

【日時】
 1月21日(木)、28日(木) 
 いずれも18時~1時間程度

【場所】
 奥州市総合福祉センターふれあいの間(1階和室)

— posted by スタッフ1 at 03:59 pm  

災害復興ボランティアバスを運行します

 
program_02


 奥州市社会福祉協議会災害復興ボランティアセンターでは、8月4日(火)に、1年10ヶ月ぶりにボランティアバスの運行をします。

 内容は大船渡市長洞応急仮設団地でのボランティア活動で、アートデザイン画をもとにした屋外設備への塗装活動などを行います。(ARTS for HOPEのボランティア活動)

 詳しい内容については、添付の活動要項をご覧ください。
 興味のある方、参加いただける方は下記までご連絡をお願いします。

 
 奥州市社会福祉協議会災害復興ボランティアセンター
  Tel:0197-25-7171



添付ファイル: .pdf 

— posted by スタッフ1 at 01:15 pm  

奥州社協フレアイガー公式プロフィール公開!

 平成27年1月22日(木)発行の『おうしゅう福祉だよりVol.51Link 』にあの『奥州社協フレアイガー』の公式プロフィールが公開されました。

 フレアイガーは、おうしゅう福祉だよりに、奥州市内の福祉に関わる行事に登場して活躍していきます!

— posted by スタッフ1 at 08:30 am  

奥州市水沢区音声訳ボランティア  はなことばの会

 奥州市水沢区音声訳ボランティア はなことばの会は、奥州市総合福祉センターを拠点に、活字を自力読むことが困難な視覚障がい者の方へ、毎月の広報おうしゅう本号とお知らせ版・市議会だよ り・おうしゅう福祉だより、胆江日日新聞を録音し、郵送でお届けしてし、お役に立ちたいと活動しています。

 この度、(公財)車両競技公益資金記念財団より助成金を受け、視覚障がい者用デイジー図書作成のための録音編集機器などを購入し、活動が充実しています。


 音声語版の情報があることを障がい者の方にお知らせするために添付の『はなことばの会・チラシ』があります。
 ぜひご近所やお知り合いに障害者の方がいらっしゃいましたらチラシを読んで差し上げてください。

— posted by スタッフ1 at 05:30 pm  

おうしゅうソーシャルキャンプ2014   開催しました!

平成26年7月19日(土)に『おうしゅうソーシャルキャンプ2014』Link を開催しました!

 自分の住んでいる町が好き、自分の住んでいる町をもっとよくしたいという若者たちによる活動が全国各地で行われています。

 その仕組みづくりのためには“ソーシャルデザイン”Link が必要とされていますが、どんな大きな課題を解決するのにも、まずは、出会い、繋がり、そして問いかけることが始まりです。

 奥州市ボランティア・市民活動センターでは、ウェブマガジンOSHU LIFELink と共催により、ソーシャルキャンプを通じて、ソーシャルデザインを学び、アイディアをみんなで楽しくシェアする場として開催しました。


 普段、交流を持っていない参加者同士が自己紹介やアイスブレイクを通して相互理解を深め、ワークショップ(グループワーク)で、講師陣の話を参考に、自分たちができそうなまちづくり・活動のイメージを創り上げ、具体化するための方法について考え、発表を行いました。

 当日は、いいアイディア、そして交流が図れるようにカフェのような音楽や食べ物が提供され、リラックスしてわきあいあいとした雰囲気の中で行われました。

 今後は、今回参加頂いた みなさんを中心にソーシャルキャンプで出されたアイディアの実現に向けて行動していく予定だそうです。

 そして、担当者へ聞いてみた所、今回の『おうしゅうソーシャルキャンプ2014』には「当日予定があったので断念しました」「また、ぜひ開催して欲しい」そんな要望も多く寄せられたと聞いています。
 多くの関心が寄せられた今回の企画の今後の活動が楽しみですね!

— posted by スタッフ1 at 09:00 am  

T: Y: ALL: