奥州市社会福祉協議会

目や耳のご不自由な方へ

どんな人が利用できるの?

自分ひとりで判断をすることに不安な方や、お金の管理で困っている方などが利用できます

  • 福祉サービスを使いたいがどうすればいいかわからない方
  • 計画的にお金を使いたいけどいつも迷ってしまう方
  • 介護保険関係の書類がたくさんくるけど、どう手続きしたらいいかわからない方
  • 最近物忘れが多くて預金通帳をちゃんとしまったかいつも心配な方
例えば、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力が不十分な方が対象になります。
なお、療育手帳や精神障害者保健福祉手帳を持っていたり、認知症の診断を受けている方に限られるものではありません。
ホームヘルプサービスや配食サービスといった福祉サービスの利用、その他日常生活を送るうえで自分ひとりで判断するには不安がある、預貯金の出し入れや日常生活に必要な公共料金などの支払方法がわからないといったことでお困りの方は、ぜひ、ご相談下さい。

メニュー