奥州市社会福祉協議会

目や耳のご不自由な方へ

日常生活自立支援事業とは?

こんなことでお困りの方を応援します

ご自分の判断能力に不安があるために、福祉サービスの利用の仕方がわからなかったり、預貯金の出し入れなどにお困りの方を対象としています。
※ たとえば認知症高齢者・知的障害者・精神障害者など判断能力が十分でない方です。

さまざまな場面で「あんしん」をご提供します

日常生活自立支援事業は、みなさまが安心して地域でくらせるように、福祉サービスの利用手続き、公共料金などの支払い手続き、大切な書類の保管などをお手伝いします。
サービスをご利用いただく際には、ご本人といっしょに支援計画を作成し、サービスを提供します。
このサービスには利用料がかかります。

わたしたち、社会福祉協議会がお手伝いします

日常生活自立支援事業は、社会福祉協議会が実施しています。
社会福祉協議会は、地域の住民や、福祉・保健などの関係者、行政機関、ボランティアなどによって構成される、地域福祉を推進する公益性の高い非営利組織で、ご相談からサービスの提供にいたるまで、各地域の基幹的な社会福祉協議会(基幹社協)で働く「専門員」、「生活支援員」がみなさまのところにうかがいます。サービスにご不満のあるときは、いつでも解約できます。
専門員のやくめ生活支援員のやくめ
お悩みごとの相談を受けて、ご本人の意向をもとに適切な支援計画を作成し、サービス提供までのお手伝いをします。 契約の内容に沿って、定期的に訪問します。福祉サービスの利用や手続き、預貯金の出し入れをします。

あんしんしてご利用いただくために

このサービスの実施にあたっては、利用者と社会福祉協議会の契約内容を審査するための契約締結審査会、サービス提供の適正さを監督するための運営監視委員会が設置されております。これらの会は、法律、医療、福祉の専門家と当事者団体などで構成し、適正な事業運営に努めています。

メニュー