サイトトップ > 奥州市社会福祉協議会について > アクセシビリティ
目や耳のご不自由な方へ
お問い合わせ | サイトマップ

アクセシビリティ

どなたでも快適にこのサイトをご覧頂くために

アクセシビリティについて真剣に取り組んでいます

奥州市社会福祉協議会では、健常者の方のみならず、目や耳等のご不自由な方々など、すべての方にとって本サイトが有用であり、また快適にご利用いただけることを目指して、アクセシビリティに配慮したページ作りをおこなうためのガイドラインを策定し、真剣に取り組んでいます。

奥州市社会福祉協議会WEBアクセシビリティガイドライン

奥州市社会福祉協議会では、この目標を実現するためにJIS規格である「JIS X8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に沿ったサイト運営を心がけています。
また将来にわたって快適にお使いいただけるように、みなさまからのご意見やご要望に耳を傾け、必要に応じて現在の構成を見直し、適宜修正を加えながら、使いやすいウェブサイトの運営に努めてまいります。
なお、このガイドラインの内容は予告なしに変更することがあります。定期的にこのガイドラインの内容をご確認くださいますようお願いいたします。

開発及び制作に関するガイドライン

規格及び仕様

優先度ガイドライン関連JIS規格
音声ブラウザによる読み上げ機能に対応し、レイアウトに関する記述を排除したXHTML1.0以降の仕様に準拠したページにすることでさまざまなご要望に応えられるようにします。 5.1.a [必須]
Flash や PDF などテキスト以外のオブジェクトを作成・利用する場合は、音声ブラウザによる読み上げ機能に対応させたり、代替テキストを用意するなど、できる限りアクセシビリティに配慮します。 5.1.b [推奨]

構造及び表示スタイル

優先度ガイドライン関連JIS規格
視覚に頼らず情報の相対的位置を把握できるように、XHTML1.0の厳格仕様に則って構造化した情報をご提供するように心がけます。 5.2.a [必須]
書体、サイズ、色、行間、背景色などのレイアウト情報は、XHTML1.0の厳格仕様に則って各ページから分離して外部スタイルシートで定義し、さらにそのスタイルシートを使用しなくても意味を理解できるように配慮します。 5.2.b [推奨]
音声ブラウザによる読み上げ機能では難解になりがちな表はできる限り単純な構造にします。 5.2.c [必須]
レイアウトのための表組みは使用しないよう心がけます。 5.2.d [推奨]
各ページのタイトルには直感的にその内容を識別できるような名称をつけます。 5.2.e [必須]
可読性を考慮してフレームは使用しないように心がけます。 5.2.f [必須]
各ページの定位置にパンくずリストを表示し、サイト全体の現在位置を容易に把握できるようにしています。 5.2.g [推奨]

操作及び入力

優先度ガイドライン関連JIS規格
マウスやタッチパネルなどのポインティングデバイスが使用できなくても、キーボードでの操作で同等の情報が得られるようします。 5.3.a [必須]
入力欄には例を明示し、時間をかけて入力できるように時間の制限を設けないようにします。 5.3.b [必須] 5.3.c [必須] 5.3.d [推奨]
ユーザの操作なしで自動的に新しいページを開かないようにします。 5.3.e [必須]
トップページ、問い合わせ、サイトマップへのハイパーリンクは各ページでデザインと位置を統一し、一貫性を確保します。 5.3.f [推奨]
ハイパーリンクには識別しやすい名称を設定するように心がけます。 5.3.g [推奨]
画面左右をメニュー領域、画面中央をコンテンツ領域として定義し、それぞれを読み飛ばせるようにアンカーを設定しています。 またページ先頭から読み上げをおこなう際になるべく早くコンテンツ領域にたどり着くためにコンテンツ領域を文書の前半に記述しています。 5.3.h [推奨]
誤った操作をしたときも、ブラウザに標準で実装されている[戻る]ボタンや[進む]ボタンで元の状態に戻すことができるようにします。また、メール送信など処理を戻すことができない場合は、その旨を前もって理解できるように配慮します。 5.3.i [必須]

非テキスト情報

優先度ガイドライン関連JIS規格
すべての意味のある画像には代替テキストを定義します。またレイアウト上のアクセントなどの用途の画像については可能な限りスタイルシート内で定義するように心がけます。 5.4.a [必須] 5.4.b [必須]
音声で構成されるコンテンツには代替テキストをつけるなどして、音声の再生や聞き取りが困難な状況に配慮し、聴覚に依存せずに同等の情報が得られるようします。 5.4.c [必須] 5.4.d [推奨] 5.4.e [必須]

色及び形

優先度ガイドライン関連JIS規格
色や形、位置などのレイアウト情報はページの内容から切り離し、レイアウト情報に依存せずにコンテンツの内容を理解したりや操作することができるようにします。 5.5.a [必須] 5.5.b [必須]
背景色と前景色にはコントラストを確保し、視認性の確保に配慮します。 5.5.c [推奨]

文字

優先度ガイドライン関連JIS規格
大きめの文字を標準の設定として、視認性の確保に配慮します。また、多少レイアウトが乱れることがあっても、文字のサイズはブラウザで自由に調整できるようにサイズを固定しません。 5.6.a [必須]
フォントは視認性に優れるといわれるOS標準のゴシック体を指定しています。 5.6.b [推奨]
文字の色は背景色とのコントラストと文字のサイズのバランスを考慮し、長く読んでも疲れにくい色を選定しています。 5.6.c [推奨]

音

優先度ガイドライン関連JIS規格
利用者の操作なしで自動的に音声を再生するコンテンツは作りません。音声を再生する場合は、その旨を前もって理解できるように配慮します。 5.7.a [必須] 5.7.b [推奨]

速度

優先度ガイドライン関連JIS規格
変化又は移動するテキストを配置する際は、その速度、色彩・輝度の変化などに十分配慮し、特に1秒間に2回以上の早い周期での画面の点滅効果は使用しません。 5.8.a [推奨] 5.8.b [必須]

言語

優先度ガイドライン関連JIS規格
それぞれのページには使用している言語コードを宣言します。 5.9.a [必須]
理解しづらい外国語、省略語、専門用語、流行語、俗語、固有名詞などはできる限り使用しません。 5.9.b [推奨] 5.9.c [推奨] 5.9.d [推奨]
スペースや改行をレイアウトの目的で使用しません。 5.9.e [必須]
分かりづらい文章には、理解を助ける目的の図やイラストなどを用いるように心がけます。 5.9.f [必須]

情報アクセシビリティの確保・向上に関するガイドライン

企画・制作

優先度ガイドライン関連JIS規格
このガイドラインに則ったウェブサイトの維持ができるように企画・制作を心がけます。 6.1 [必須]

保守及び運用

優先度ガイドライン関連JIS規格
このガイドラインに則ってウェブサイトを運用し、情報アクセシビリティの品質の確保と向上に努めます。 6.2 [必須]

検証

優先度ガイドライン関連JIS規格
コンテンツを公開または変更する際には、このガイドラインに則ったものであることを検証します。 6.3 [必須]

フィードバック

優先度ガイドライン関連JIS規格
お問い合わせ窓口をご用意し、このウェブサイトに対するご意見やご指摘をいただけるようにします。 6.4 [必須]

サポート

優先度ガイドライン関連JIS規格
全てのページの定位置にお問い合わせページへのリンクを設置します。 6.5 [必須]
twitter メールマガジン