奥州市社会福祉協議会

目や耳のご不自由な方へ

社会福祉法人奥州市社会福祉協議会 役員等の報酬規程

(目的)

第1条 この規程は、社会福祉法人奥州市社会福祉協議会(以下「本会」という。)の役員等に対する報酬について、必要な事項を定めることを目的とする。

(役員等)

第2条 この規程で役員等とは、次の者をいう。
  • (1) 理事及び監事
  • (2) 評議員
  • (3) 各種部会・委員会等の委員
  • (4) その他会長が必要と認めた者

(報酬等の支給)

第3条 報酬の額及び支給の時期は、別表1のとおりとする。
2 理事に対する報酬等は各年度の総額が500万円を超えない範囲とする。
3 監事に対する報酬等は各年度の総額が50万円を超えない範囲とする。
4 報酬等の支払いは、現金支給又は銀行振込みとする。

(報酬支給の制限)

第4条 本会の役員のうち、国家公務員、地方公務員に対する報酬は支給しない。

附則

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

附則

この規程は、平成20年5月23日一部改正し、平成20年4月1日より適用する。

附則

この規程は、平成22年3月18日一部改正し、平成22年4月1日から施行する。

附則

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附則

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

附則

この規程は、令和3年6月14日から施行し、改正後の役員等の報酬規程の規定は、令和3年4月1日から適用する。

別表1(第3条関係)

区分報酬額支給時期
会長月額 100,000円事務局職員の給料の支給日
副会長月額 30,000円
常務理事月額 180,000円
監事日額 6,000円監査の都度
理事・監事日額 3,000円会議等の開催の都度
評議員日額 3,000円会議等の開催の都度
各種部会・委員会等の委員日額 3,000円会議等の開催の都度
1 会長及び副会長並びに常務理事の報酬の支給にあたっては、会長は月5日以上、副会長にあっては月2日以上、常務理事にあっては月 10 日以上の出勤を原則とする。(関係機関及び団体等の諸会議や行事への出席を含む。)

メニュー